PAGE TOP

CONTACT
0120-910-734
×

3DCG & 実写

  • 制作範囲
  • 企画構成
  • 撮影
  • 編集
  • 表現手法
  • 実写
  • グラフィック
  • 3DCG
  • 映像用途
  • サービス紹介

LP-LIC工法

LP-LIC工法は丸太を地盤に打設し、砂地盤を密実にすることで、液状化対策を行う低コストな新工法です。液状化現象は地下水位の浅いゆるい砂地盤で起きる現象で、地震の揺れによってゆるい砂に隙間が大きいので普段かみ合っている砂同士のかみ合わせが外れ、土粒子間にある水の漂い地盤が液体のようになることで起こります。こうなってしまうと、地盤は支持力を失い、建物は沈下、埋設管が浮き上がるという被害が生じるのです。

このようにならないための対策としてLP-LIC工法が使われます。ゆるい砂地盤に、丸太をたくさん打ち込むことで、丸太周囲の地盤を横方向に押し広げ、地盤を締め固め、液状化しにくくなるのです。

森林資源が豊富な日本

炭素を貯蔵した森林の資源が豊富な日本では、丸太を活用し工事を行うことで、炭素を地中に貯蔵し、地震減災、地球温暖化緩和、林業再生など、さまざまな効果を生み出します。樹木は大気中の二酸化炭素を吸収し、炭素を木の内部に固定し、酸素だけを大気に放出、その樹木を間伐などで伐採し新たに植林することで、森はさらに成長し、炭素を貯蔵するのです。

このようにして、新たなCO2の吸収し、森林は健全に育成され、CO2は削減、そして樹木の炭素貯蔵量はどんどんと増加します。打設した丸太は、地中の地下水位深では腐りません。そのうえ炭素を半永久も可能です。

使用する丸太

使用する丸太の原木は、地域の森林で間伐されてます。通常の工事で使われる液状化対策用丸太は4、5メートルです。間伐材の皮をむき先端をカットして工事現場に搬送し打設されます。丸太を三本つなぎ、12メートルまで打設する現場があるのですが、このようにすることで地下12メートルまでの地盤を締め固められます。

LP-LIC工法で間伐を有効的に活用し、地震による液状化の被害からお客様の大切な建物を守れるのです。

動画観覧場所

〇 YouTube https://www.youtube.com/watch?v=AIBiFejqqY4

〇 Dokopre.com http://www.dokopre.com/contents/service/tobishima.html

会社情報

会社名
飛島建設株式会社
お問合わせ先
0120-345-891
住所
千葉県野田市木間ケ瀬5472
URL
https://www.tobishima.co.jp/