動画制作ってどう進めるの?流れをざっくり解説

動画制作の流れ

こんにちは!

今回は、動画制作の流れをかいつまんで説明していこうと思います。あくまで一例なので流れはこの限りではありませんが、
「こんな感じで制作を進めるんだな」とふんわりイメージを掴んでいただければと思います。

それではチェックしていきましょう!

1.事前の問い合わせ~打ち合わせ

最初にして、最も重要な行程です。どんな映像を制作したいか、お客様の要望をヒアリングします。
打ち合わせは、お客様のご自宅や事務所にお伺いして行う事も。
前にも少しお話ししましたが、内容・納期・費用など、細かいところまで親身に相談に乗ってくれる制作会社がオススメです!

こちらの記事もチェック
動画制作で失敗しないための3つのポイント

2.企画書や絵コンテの作成

いざ動画の内容・テイストが決まったら、次は実際にどのようなシーン・映像にするか、企画書やコンテの作成を行います。
お客様の希望を取り入れつつ、より良い映像になるよう、アイデアを提案します。

3.撮影・素材選定

コンテが決定したら、お次はいよいよ撮影。機材などを持って伺い、実際にスタジオやロケ地で映像の撮影を行います。
ディレクターが原則として現場に立ち会い、案件によりますが事前に手配したモデルさん等に出演していただく事もあります。
簡単な編集・アニメーションなどの場合は、絵コンテを元に素材を選定し、お客様に提案します。

4.編集作業

撮影素材・選定した素材などを用いて、映像編集を行います。素材の色調を整えたり、テロップやエフェクトなどを追加したりして、絵コンテで提案したようなデザイン性のある映像に仕上げていきます。
また、ナレーションを差し込む場合はこの時点でナレーターさんからデータを貰い(別途依頼)、音楽と一緒に挿入します。

5.修正・納品

編集作業が終わり次第、お客様にチェックしていただきます。
「ここのテロップはやっぱり青にしたい…」「ここの背景が明るすぎるのでもう少し暗く…」
など、お客様からご指摘いただいた箇所を修正します。

修正を経て、お客様にご満足いただける映像になったところで満を持して納品となります!
データをお客様にお送りし、もちろん会社内でもデータの管理はきちんと行います。

いかがでしたでしょうか?映像制作は基本、こんな流れで行われています。
弊社でも、どの工程でもスムーズにやり取りを行えるように、お客さまとコミュニケーションをしっかり取っていきたいと思います。
気を引き締めて、頑張っていきます!

それでは、また次回~✋

ドコプレ制作実績はこちら

動画制作TOP

関連記事一覧

ブログ

カテゴリー

最新記事

おすすめ記事

  • 登録されている記事はございません。
月を選択