四角をコミカルに落下させるアニメーションをPremiere Proで制作!

落下 アニメーション

今回は、上記動画のような

四角をコミカルに落下させるアニメーションの制作方法をご説明いたします。

落下については

Premiere Proでボールが弾むアニメーションを作成!記事で紹介していますので、参考にしてください。

今回使用するエフェクトの種類は「回転」「アンカーポイント」です。

まずはこちらをご説明いたします。

1.「回転」エフェクトとは

「回転」とは、文字通り、オブジェクトを回転させることのできるエフェクトです。

角度で表され、プラスの値に数値を大きくすると右回りに、マイナスの値に数値を大きくすると左回りにオブジェクトが動作します。

blank

「回転」は実は少し難しいエフェクトですが、複雑な動作を再現することができます!

今回の記事で、基礎的な知識を身に着けてくださいね。

2.アンカーポイントとは

「アンカーポイント」とは、

オブジェクトが動作するときの基準点

のことです。

「回転」や「位置」より、分かりづらいですね。

下の動画をみてください。

blank

「アンカーポイント」もしくは「位置」をクリックした時にオブジェクト(四角)に表示される、真ん中の青い丸がアンカーポイントです。

基本的にPremiere Proでは、この青い丸を基準に動作が行われます。

(例)アンカーポイントをオブジェクトの左端に設定。

blank

四角の左下端の青い丸を基準に「回転」していることがわかりますね。

(例)アンカーポイントをオブジェクトの右端に設定。

blank

四角の右上端の青い丸を基準に「回転」していることがわかりますね。

(例)アンカーポイントをオブジェクト外(画面左端に設定)

blank

画面左端の青い丸を基準に「回転」していることが分かりますね。

このように、動作の基準を決める「アンカーポイント」は

Premiere ProやAfter Effectsでのアニメーション制作において、とても重要な役割を担っています。

使うまでは難しいと感じるかもしれませんが、「アンカーポイント」を自由自在に操ることができれば、思い通りのアニメーションを制作できます。

また、今回は「回転」を例に上げていますが、その他のエフェクトの基準点もアンカーポイントです。 

こちらも、今回の記事で基礎的な部分を見に付けてくださいね。

3.「回転」を設定する

実際に「回転」の設定していきましょう。

ポイントは2つです。

今回は、動画のように

「四角が角から落ちて、跳ね上がり、逆方向に傾きながら落ちる。最後に底面で着地」

というアニメーションです。

blank

まず、「回転」の左横の「アニメーションのオン/オフ」をクリックし、モーション作成の準備を行います。

次に、角から落ちるアニメーションを設定します。

「位置」のキーフレームを選択し、一番最初の着地点に合わせて「回転」にもキーフレームを打ちます。

blank

今回は30°に設定しました。

次に、再度「位置」のキーフレームを選択し、次の着地点に合わせて「回転」にキーフレームを打ちます。

blank

今回はー22°に設定しました。

ここで、1つ目のポイントです。着地点に回転の角度を入力していくのですが、

1回目の回転角度の絶対値>2回目の回転角度の絶対値

になるようにします。

絶対値というのは、

プラスの値ならそのまま、マイナスの値ならマイナスを除いた数値

のことです。

今回の1回目と2回目の回転角度を例に取ると

1回目の回転角度の絶対値(30°)>2回目の回転角度の絶対値(22°)

となります。

blank

3,4回目の着地点の回転角度も、1、2回目同様に入力します。

2つ目のポイントです。

最後の着地点(4回目)の3フレーム後あたりに0°を入力します。

blank

この0°を設定することによって、

最後の着地で傾いてる四角が、重力によって底面で着地する様子

を表現することができます。

これで回転の設定は終了です。

4.アンカーポイントの設定

あと少しです!

最後にアンカーポイントを設定します。

最後の着地点の動作をみていただければわかると思いますが、

どことなく動作が不自然に感じますよね。

blank

これは、

最後の回転が四角の中心を基準に動作されている

ことが原因です。

blank

こちらを解消するために、アンカーポイントを設定します。

設定の仕方は簡単で「位置」のようなものです。

左の数値がX軸(横の数値)、右の数値がY軸(縦の数値)となります。

 

青い丸を見ながら、最後の0°の着地がおかしくないように四角の左下端に設定しました。

blank

これで動作を確認してみましょう。

blank

最後にパタンと聞こえてくるようなアニメーションになったかと思います。

アニメーション制作まとめ

最初に使用した「回転」はなれると様々な表現をすることができます。日常生活には「回転」がたくさん潜んでいるからなんですね。

実際にアニメーションを作ってみて、何か違和感を感じたら、一旦キーボードとマウスから手を離してその動作を現実世界に置き換えて想像してみるとよいです。

「回転」がたくさんの場面で使用できることが分かります。

「アンカーポイント」は慣れるまでは大変ですが、アニメーションを制作する上でとても重要な設定です。今まで、思ったようにできなかった動作もアンカーポイントを設定するだけで解決する、なんてことも多いです。

基本は、動作させたいオブジェクトの中心に持ってくることが多いですが、今回のように角に配置したりすることもあります。

今回の素材を使用して、思い思いのアニメーションの作成にチャレンジしてみてください!

動画で復習しましょう!

関連記事一覧

今回は、上の動画のようなボールが弾むアニメーションをPremiere Proで制作します。 応用を効かせることによって、様々な動きをPremiere Proだけで表現することができます。ぜひマスターしてください! 1. 弾むアニメーションの準備 まずは素材にアニメーションを付ける準備をします。 素材を選択し、エフェクトコントロール内の「位置」の右横にあるストップウォッチマークをクリックします。 こ...

今回は2つのイラストだけで、キャラクターが歩いている表現を作成していきます。 1.レイヤー素材を用意する 今回はPSDファイルを使っていきます。レイヤーは背景とキャラクターの2つに分けています。 PSDファイルでなくても背景と透過させたキャラクターの素材があればOKです。2つのレイヤー素材にモーションをつけてキャラクターが歩いているように表現をします。 2つの素材に独立したモーションを与えるので、...

今回は、簡単にオブジェクトを震えさせるアニメーションを作っていきます。 デフォルトのモーションでは難しそうですが、今回使用する「波形ワープ」を使うと簡単に設定できます。 今回はPSDファイルを使用しますが、Premiere Proで簡単に作成した線や図形でも応用できますので、試してみましょう。 1.波形ワープとは? 波形ワープとは 波の形をオブジェクトに適用させるエフェクト です。 波の振動効果を...

今回はPremiere Proでシリアスなシーンを作成していきます。 ネスト化をうまく使うと、同じシーンを使ってたくさんの表現ができるので、ぜひ活用してくださいね。 1.ファイルを取り込む 使用するファイルはPSDファイルです。ソースパネルにドラッグ&ドロップします。 今回はシーケンスで読み込みをしました。 この方法は、PSDファイルのレイヤーを縦に並べる時おすすめな方法です。10以上のレ...