震えるアニメーションをPremiere Proで作る!

震えるアニメーション

今回は、簡単にオブジェクトを震えさせるアニメーションを作っていきます。

デフォルトのモーションでは難しそうですが、今回使用する「波形ワープ」を使うと簡単に設定できます。

今回はPSDファイルを使用しますが、Premiere Proで簡単に作成した線や図形でも応用できますので、試してみましょう。

1.波形ワープとは?

波形ワープとは

波の形をオブジェクトに適用させるエフェクト

です。

波の振動効果をオブジェクトに適用させるイメージです。

文面だとわかりにくいので図解を用いて説明いたします。

順番に説明をしていきます。

波形の種類

  • サイン波
  • 矩形波
  • 三角波

サイン波

サイン波を波形ワープで設定すると、動画のようになります。右の画像がサイン波です。

blank blank

確かに、オブジェクトが波に合わせて波打っているようですね。

矩形波

矩形波を波形ワープで設定すると、動画のようになります。右の画像が矩形波です。

blank blank

こちらも矩形波の特徴である、カクカクした波がオブジェクトに適用されていますね。

三角波

三角波を波形ワープで設定すると、動画のようになります。右の画像が三角波です。

blank blank

三角波のようなギザギザの山がオブジェクトに適用されています。

波形ワープで設定できる波の種類はこれ以上にあります。適当なものを選択してください。

波の種類がわからなくなったらインターネットで調べて見ましょう。画像などが出てくるので、形をみて、どのようなモーションをオブジェクトにつけるかイメージしてみましょう。

今回は、ノイズ(滑らか)という波を使っていきます。この波はランダム性のある波のことです。先程紹介した3つの波は規則性があります。

ノイズのランダム性を利用して、小刻みに震えるアニメーションを制作します。

 

2.波形ワープの設定

それでは、波形ワープをエフェクトパネルから素材にドラッグ&ドロップしましょう。

今回はこの中の、

  • 波の種類
  • 波紋の高さ
  • 波形の幅
  • 波形の方向

を編集していきます。

波の種類は先程説明したものです。

波紋の高さ

下の画像は波形をノイズ(滑らか)にして、波形の高さを極端におおきくしたものです。

blank

波紋の高さの値を大きくすると、オブジェクトに適用される波紋が高くなり、激しい動きをしているような挙動を設定できます。色々描画をして表示してみましょう。

blank

波形の幅

波形の幅は、波の幅の大きさを変化させることできます。

blank

幅を100に設定しました。

blank

幅を200に設定しました。

少し分かりづらいですが、波の幅が変化しています。

波形の方向

波形の方向は、波の進行方向を決めるものです。

blank

波形の方向90°(デフォルトの値です)

blank

波形の方向0°

blank

波形の方向180°

0°と180°は逆向きなので、変更しても見た目はほぼ一緒ですが、進行方向が逆向きですね。

blank

 

3.アニメーションを制作する

それでは実際にアニメーションを設定していきます。

今回は

波形の種類:ノイズ(滑らか)

波紋の高さ:23

波形の幅:1

波の方向:0°

に設定しました。

これの動作を再生してみましょう。

blank

小刻みに震えているアニメーションになりましたね。

今回はこれで完成です。

アニメーション制作のまとめ

先程説明したように、波形ワープはとても単純なエフェクトです。しかし、今回のようなモーションを位置で設定するとなるととても大変ですよね。キーフレームを1つ1つ左右に移動するようにうちながら、感覚を設定していく・・・。という内容になると思います。

複雑な動作を制作する時は、できる限り単純化を行いましょう。

同じ動きでも、編集の数が多いと、大変ですし、修正をする時に何をしたのか覚えていないと、また新しくエフェクトやモーションを作ることになってしまいます。

波形ワープだけでなく、Premiere Proには様々なエフェクトがありますので、時間のある時に自分で試して見ましょう。

自分だけのオリジナルエフェクトを作ることができるようになりますよ!

動画で復習しましょう!

関連記事一覧

今回はPremiere Proでシリアスなシーンを作成していきます。 ネスト化をうまく使うと、同じシーンを使ってたくさんの表現ができるので、ぜひ活用してくださいね。 1.ファイルを取り込む 使用するファイルはPSDファイルです。ソースパネルにドラッグ&ドロップします。 今回はシーケンスで読み込みをしました。 この方法は、PSDファイルのレイヤーを縦に並べる時おすすめな方法です。10以上のレ...

今回は、上の動画のようなボールが弾むアニメーションをPremiere Proで制作します。 応用を効かせることによって、様々な動きをPremiere Proだけで表現することができます。ぜひマスターしてください! 1. 弾むアニメーションの準備 まずは素材にアニメーションを付ける準備をします。 素材を選択し、エフェクトコントロール内の「位置」の右横にあるストップウォッチマークをクリックします。 こ...

今回は、上記動画のような 四角をコミカルに落下させるアニメーションの制作方法をご説明いたします。 落下については Premiere Proでボールが弾むアニメーションを作成!記事で紹介していますので、参考にしてください。 今回使用するエフェクトの種類は「回転」と「アンカーポイント」です。 まずはこちらをご説明いたします。 1.「回転」エフェクトとは 「回転」とは、文字通り、オブジェクトを回転させる...

今回は2つのイラストだけで、キャラクターが歩いている表現を作成していきます。 1.レイヤー素材を用意する 今回はPSDファイルを使っていきます。レイヤーは背景とキャラクターの2つに分けています。 PSDファイルでなくても背景と透過させたキャラクターの素材があればOKです。2つのレイヤー素材にモーションをつけてキャラクターが歩いているように表現をします。 2つの素材に独立したモーションを与えるので、...