キャラクター画像の効果的な登場モーション作成【Premiere Pro】

アイキャッチ

今回は、漫画動画や、キャラクターアニメーションの中で頻繁に使用する、登場モーションを作成します。

登場のさせ方だけでも、1シーンの雰囲気をコントロールすることができますので、アイデアの引き出しとして覚えておいてください。

1.Premiere Proで使うレイヤーの中身

まず、今回使用する素材のレイヤーを説明いたします。違いを分かりやすくするために、すべてのモーションで同じイラスト素材を使用しますので少し違和感があるかもしれません。

blank

背景(動作させません)

blank

メインキャラクター(今回メインで動作させます)

blank

サブキャラクター

blank

全体のイラスト

今回はこの2つのレイヤーでモーションを作成していきます。

2.基本的な登場シーン

基本的な登場シーンに使用できるものをいくつかご紹介いたします。

下から登場するモーション

blank

画面下からピョコっとキャラクターを登場させます。

設定方法

それでは、キャラクターにモーションを設定していきましょう。

レイヤー分けされたメインキャラクターの、「位置」にキーフレームを打ちます。そして、Y軸を1326から540に変化させます。間隔は7フレームとしました。これで完成です。簡単ですね。

登場スピードを早めることで、サブキャラクターに突っ込みを入れるようなモーションにすることもできます。場面にあまり動きがない場合に使用すると良いです。下から登場する様子は、元気のあるキャラクターに合います。また、勢いを増すためにモーションブラーを付与するのも良いでしょう。

モーションブラーの設定を行います。先程の位置のキーフレームを削除します。そして、エフェクトの「トランスフォーム」を選択します。

blank

トランスフォームの「位置」を先程の値1326から540に変化させ、シャッター角度を250とします。これで再生を行ってみます。またフレームの間隔を5フレームとします。

blank

勢いのある登場シーンが作成できました。

横から登場するシーン

blank

設定方法

先程のしたから登場する方法を、横に移動させるだけでOKです。X軸を280から960に変化させます。間隔は7フレームです。

下から登場させる方法は「元気」という表現をするのに適していますが、横からの登場では「スピード感」や「歩いている」などを表現できると思います。

3.キャラクター紹介などで使える登場シーン

次に、キャラクターの紹介や、キャラクターの思惑などを表現する場合に使います。

blank

設定方法

こちらは一つの素材を2つに分けて設定を行います。

レイヤーをネスト化させて2つのシーンを組み合わせて1つのシーンを作るイメージです。まず、クリップをネスト化させてコピー&ペーストしましょう。

blank

最初に表示するネストを「ネスト1」、次に表示するネストを「ネスト2」としました。このネストを下の動画のように少し重なるようにします。

blank

それでは、ネスト1から設定を行っていきます。ネスト1のモーションを設定します。サブキャラクターのみ画面に表示させるためにスケール:200とします。そして、位置のX軸を114から271に設定します。

blank

これで、ネスト1の設定は完了です。ネスト2はそのまま使用します。ネスト1に効果がかかっているので、ネスト2はそのまま使用しても雰囲気のあるシーンになります。

これでネスト1とネスト2を組み合わせたシーンを再生してみます。

blank

どちらかのキャラクターの心の声が聞こえてくるようなシーンの制作ができました。このように、1つの素材を2つにすることで、動きのあるシーンの制作ができますので、ぜひ試してみてください。

4.ちょっとした動きに使えるモーション

最後に、登場以外にも使える基礎的なキャラクターモーションをご説明いたします。

blank

画面全体にもう少し動きがほしいといったときに使える簡単なモーションです。会話をする際に使ったり、びっくりしたことを表現することもできます。

設定方法

動かしたいキャラクターを選択します。「位置」にキーフレームを打ち、Y軸を620から540、また620から540と3フレームごとに変化させ、これを3回繰り返します。ポイントは基準点を620と下げることによって、キャラクターが切れてしまわないようにすることです。

blank

このモーションを繰り返すことで、「このキャラクターが何かしらアクションを起こしている」ということを視聴者に伝える役割を果たします。

『登場モーションの制作』まとめ

今回は基礎的な登場モーションの制作例をご紹介いたしました。登場シーンの方法はほぼ無限大にあると言っても良いぐらいあります。他のアニメーション作品だけでなく、映画やドラマのような映像作品の中でも参考にできる点は多くありますので、アイデアの引き出しを増やすためにも日頃から意識して、映像作品を視聴することをおすすめいたします。

動画で復習しましょう!

関連記事一覧

今回は、簡単にオブジェクトを震えさせるアニメーションを作っていきます。 デフォルトのモーションでは難しそうですが、今回使用する「波形ワープ」を使うと簡単に設定できます。 今回はPSDファイルを使用しますが、Premiere Proで簡単に作成した線や図形でも応用できますので、試してみましょう。 1.波形ワープとは? 波形ワープとは 波の形をオブジェクトに適用させるエフェクト です。 波の振動効果を...

今回は、上の動画のようなボールが弾むアニメーションをPremiere Proで制作します。 応用を効かせることによって、様々な動きをPremiere Proだけで表現することができます。ぜひマスターしてください! 1. 弾むアニメーションの準備 まずは素材にアニメーションを付ける準備をします。 素材を選択し、エフェクトコントロール内の「位置」の右横にあるストップウォッチマークをクリックします。 こ...

今回はPremiere Proでシリアスなシーンを作成していきます。 ネスト化をうまく使うと、同じシーンを使ってたくさんの表現ができるので、ぜひ活用してくださいね。 1.ファイルを取り込む 使用するファイルはPSDファイルです。ソースパネルにドラッグ&ドロップします。 今回はシーケンスで読み込みをしました。 この方法は、PSDファイルのレイヤーを縦に並べる時おすすめな方法です。10以上のレ...

今回は、上記動画のような 四角をコミカルに落下させるアニメーションの制作方法をご説明いたします。 落下については Premiere Proでボールが弾むアニメーションを作成!記事で紹介していますので、参考にしてください。 今回使用するエフェクトの種類は「回転」と「アンカーポイント」です。 まずはこちらをご説明いたします。 1.「回転」エフェクトとは 「回転」とは、文字通り、オブジェクトを回転させる...

今回は、動画編集をする際に確実に使用する「ビデオトランジション」について説明をさせていただきます。 トランジョンはある程度、形は決まっていますが、Premiere Pro標準搭載の機能で、オリジナリティのあるものも作れるようになります。今回の記事で基本をしっかりおさえて起きましょう。 1.トランジションとは? 動画編集をしている方なら、よく耳にする言葉だと思います。トランジションとは、 2つの素材...

今回は2つのイラストだけで、キャラクターが歩いている表現を作成していきます。 1.レイヤー素材を用意する 今回はPSDファイルを使っていきます。レイヤーは背景とキャラクターの2つに分けています。 PSDファイルでなくても背景と透過させたキャラクターの素材があればOKです。2つのレイヤー素材にモーションをつけてキャラクターが歩いているように表現をします。 2つの素材に独立したモーションを与えるので、...

今回は、エッセンシャルグラフィックスを使用して、おしゃれなテキストテンプレートを作成いたします。 Premiere Proを長く使っていらっしゃる方の中でも、レガシータイトルの方が聞き馴染みがあるのではないでしょうか。 私も、未だにレガシータイトルを使います。ただ、レガシータイトルは今後廃止されることが決定されています。 レガシータイトルの次のテキストエディタとしてエッセンシャルグラフィックスが登...