Youtubeで動画の再生回数を伸ばす5つのポイント

再生数アップ

こんにちは!

今回は、作った動画をいざYoutubeにアップしたけれど、いまいち効果が実感できない…そんな風に悩む方向けに、
「Youtubeで動画の再生回数を伸ばす5つのポイント」についてまとめてみました。

もうアップ済みの動画や、今後追加する際の参考にしてみてください。

目を引くタイトル・サムネイルにしよう

最も重要なのは動画のタイトル・サムネイルではないでしょうか。
動画のタイトルは、検索されやすいキーワードや、重要なシーンの抜粋など、
「いかにして動画を見たいと思わせるか」の情報の取捨選択が重要になってきます。

また、次にサムネイル。通常はランダムに抽出した3枚のキャプチャから選択する方式ですが、
カスタムサムネイルという機能を使って、好きな画像に変更する事もできます(ただし、本人確認が必須)。
これらを凝ったものにするだけでも、検索結果で十分に目立たせることができます。

字幕機能を使ってみよう

最近、動画に字幕を設定している企業が増えてきているのをご存知でしょうか?
実は、Youtubeの字幕は翻訳としての役割だけでなく、文字に起こしておくと「動画の情報」として活用することが出来るのです。
簡単にいうと、「動画内のナレーションに使われている単語が、検索でヒットするようになる」ということ。
文字として情報を登録できるので、検索結果に強い影響力を与えます。

アノテーション機能の活用

また、便利なのはこれだけではありません。Youtubeには、アノテーションという機能があります。
「click to here!→」など、動画の右下に設置してあるボタン・リンクの事です。
ここをクリックすると、関連動画や外部サイトへの遷移ができます。
飛び先のページによっては、動画から直接CVに繋がる…と言ったこともあるかもしれませんね。

コメント機能の実装

企業によっては批判や荒らしなどを防ぐため、機能を停止しているところもありますが
ユーザーの意見を聞いたり、収集することは極めて重要です。再生数とは直接関係ないかもしれませんが、
コメントに返信する事で、企業のブランディングやイメージアップを図る事もできますね。

自社サイトへの掲載

最後に、忘れてしまいがちですが動画を制作した際には自社サイトへのアップも忘れずに行いましょう。
「自社サイトに訪問した人」=「企業に興味がある人」なので、通常の動画サイトよりもクリック率は高く、再生数も格段にアップします。
Youtubeへのアップのみでは再生数が伸び悩み、効果を得られないケースも多くあります。その為にも、動画の埋め込みは忘れずに行いましょう。

なかなか効果を実感できない方は、上記のポイントを参考にしてみてください!
今や数えきれないくらい動画は世に溢れていますが、その中でも「輝く1本」になるための手助けになれば嬉しいです。

それでは、また次回~????

ドコプレ制作実績はこちら

関連記事一覧

ブログ

カテゴリー

最新記事

おすすめ記事

  • 登録されている記事はございません。
月を選択