気象庁:危険度分布紹介【課題訴求型】

いつもと違う大雨の時は『危険度分布』を確認

気象庁の『危険度分布』は、雨による災害が発生する恐れがある場合に、マップ上で災害の危険度をリアルタイムに確認することができます。いつもと違う大雨が降った際に、地図上で自分がいる場所の危険度を確認し、早めに避難することができます。

バナーをタップするだけの簡単な使い方

『危険度分布』の使い方はとても簡単で、大雨や洪水の警報が発表された際に、気象庁のホームページから『この雨大丈夫?そんな 危険度分布』バナーをタップ(またはクリック)するだけで、10分ごとに更新される災害の危険度がマップ上に表示されます。

紫が危険の知らせ

『危険度分布』では、命の危険が高まっている場所がマップ上で紫色に表示されます。速やかに今いる場所より高い場所に避難しましょう。

『危険度分布』で身に迫る災害を確認し、自分や大切な人の命を守りましょう。

国土交通省 気象庁

お問い合わせ先 03-3212-8341(代表電話)
住所 〒100-8122東京都千代田区大手町1-3-4
URL https://www.jma.go.jp/jma/index.html