【After Effects】アニメーション制作:常にロケットが進行方向を向くようにしよう!

アイキャッチ

今回は、上の動画のようなAfter Effectsの基本的な使用方法である自動方向の説明をします。やまなりにロケットが進み、常に進行方向を向き飛んでいくアニメーションを作成していきます。

自動方向はモーショングラフィックスを作成する時など、様々な場面で使用できます。このチュートリアルを行うことによって映像制作の幅が広がると思います。また、映像制作や編集を始めたばかりの人も、取り掛かりやすい内容となっています。

さらに、前回の記事の波形ワープを使ったアニメーションと一緒に使うとさらに面白みのあるアニメーションが出来上がりますのでぜひ一緒にチャレンジしていきましょう!!

1.アニメーションの素材を準備する

今回も「イラストAC」の素材を利用しています。

イラストACについては前回の記事でも紹介しています。その他にもフリー素材サイトもご紹介していますので気になる方は前回のこちらの記事を是非ご覧ください。

blank

宇宙の素材とロケットの素材を用意できましたら、準備完了です。

2.アニメーション素材を配置させる

新規コンポジション作成

まずは、新規コンポジションを作成します。コンポジション名は「常にロケットが進行方向を向くようにしよう」としましょう!

blank

縦横比は1920×1080、フレームレートは30、デュレーションは10秒くらいで設定します。ここはお好みで設定して頂いて大丈夫です。

素材を配置

コンポジションの設定が終わりましたら宇宙を配置します。プロジェクトから素材をタイムラインにドラッグアンドドロップします。

宇宙のレイヤーが選択された状態になっていると思いますので、そのままスケールを選択し、大きさを調整します。

画面上でドラッグしてスケールを調整する方法、オブジェクト→トランスフォーム→スケール→数値を調整する方法(ショートカットキー=S)の2パターンあります。細かい調整が必要な場合は数値の方で調整しましょう。

blank

続きましてロケットを配置していきます。こちらも同じようにスケール調整を行ない、画面の左端に配置しましょう!

3.キーフレームで動きをつける

キーフレームを打つ

それでは実際にキーフレームを打って動きをつけていきましょう。0フレームのところでオブジェクト→トランスフォーム→位置(ショートカットキー=P)から時計マークをクリックします。

blank

次に6秒後に右端にロケットが来るようにキーフレームを打っていきましょう。

blank

タイムライン線を開始位置の0フレームに移動させ、スペースキーで動きを確認しましょう。このままでは横移動するだけで面白みがないですね?

そこでやまなりに移動するモーションをつけていきましょう!

モーションパス

ここからはモーションパスを操作するので、モーションパスが見えやすい色に変更しましょう。

blank

ロケットレイヤーのラベルをクリックし、メニューから色が選べます。今回はグリーンに変更しましょう。

その他にもラベルはオブジェクトを分かりやすいように色分けさせるなど、様々な使い方があります。今後の作業効率を高めるため、一緒に覚えておきましょう!

モーションパスを描くにはハンドルを操作する必要があります。キーフレームを選択しハンドルを動かしていきましょう。

blank

ここでハンドルが出ていない方もいらっしゃるのではないかと思います

blank

出ていない方はまず、キーフレームを選択し右クリックします。するとメニューにキーフレーム補間法とありますのでそこをクリックします。

キーフレーム補間法のメニューが出てくると思いますので、空間補間法の欄をリニアからベジェへ変更します

リニア補間

リニア補間はキーフレーム間の変化率を一定にするので、アニメーションが機械的な感じになります。

例えば、キーフレームを3つ打つとしましょう。リニア補間を時間レイヤープロパティのすべてのキーフレームに適用すると、変化は 1 番目のキーフレームからすぐに開始され、一定のスピードで2番目のキーフレームまで継続されます。

2 番目のキーフレームに到達すると、変化率がすぐに 2 番目と 3 番目のキーフレーム間の変化率に切り替えられます。レイヤーが最終キーフレーム値に到達すると、変化は停止します。

ベジェ補間

ベジェ補間はキーフレームの空間の変化率を手動で調整できます。滑らかなアニメーションを作るときはこちらを使用します。また、はじめが遅く、あとで速くといった緩急あるアニメーションを付けることが可能となっています。

ベジェ補間では、キーフレームの両端で値グラフまたはモーションパスの線分のシェイプを手動で調整を行うことができます。ベジェとは異なり、ベジェキーフレームの 2 つの方向ハンドルは、値グラフとモーションパスの両方で独立して動作します。

アニメーション制作ではベジェ補間の使用頻度が多いと思いますので、実際に中身を色々触って、スペースキーで再生させ動きを確認するなど、手を動かして覚えていくのがおすすめです。少しづつ慣れていきましょう!

blank

空間補間法をリニアからベジェへ変更するとキーフレームから伸びるハンドルが表示されるようになります。

ハンドルを上にドラッグすると上に弧を描き、下にドラッグすると下に弧を描くのがわかりますね。

同じように6秒後のキーフレームもハンドルを表示させましょう!

大体でいいのでハンドルの長さや角度を変更しながら調整していきましょう。

グリッド

blank

細かい調整を行いたい方はグリッドを出して長さや角度を調整しましょう。グリッドとは縦横に均等に並んだ点または線のことで、オブジェクトを一定の間隔で配置したり、横一列や縦一列で配置したり規則性をもったデザインを行う際に大変便利です。線が細かく画面に羅列していますので、モニターを拡大すると作業が楽になります。

角度や長さが決まったら、実際の動きを確認していきましょう。

blank

タイムライン線を開始位置の0フレームに戻し、スペースキーで再生します。ロケットが弧を描いて移動しているのがわかりますね。

このままではロケットが進行方向を向いていません。次はロケットを進行を常に向くように設定しましょう。

4.アニメーションの自動方向を設定する

blank

ロケットレイヤーを選択し、右クリックします。メニューのトランスフォームから自動方向を選択します。

blank

動方向のウィンドウが開きますので、パスに沿って方向を設定の項目をクリックし、OKを押します。

自動方向を設定すると、パスに沿ってオブジェクトの向きが自動で調整されるようになります。

blank

次にロケットの進行方向に先端が向くようにトランスフォーム→回転(ショートカットキー=R)を選択し、角度を調整していきます。

blank

タイムラインを0フレームに戻し、スペースキーで再生させ動きを確認しましょう。ロケットが常に進行方向を向くようになりましたでしょうか?

5.背景を進行方向と逆に動かす

背景を進行方向と逆向きに動かすことによって、よりロケットが飛んでいるように見せられます。

blank

宇宙の素材をクリックし、タイムライン線を6秒の位置に配置します。宇宙の素材を左に寄せ、キーフレームを打ちます。

blank

次にタイムライン線を0フレームに戻し、今度は宇宙の素材を右に寄せてキーフレームを打ちます。

アイキャッチ

スペースキーで再生させ、動きを確認します。背景を動かす前と比べてもわかるように、より動きに臨場感が出ましたね。

『ロケット進行方向アニメーション』まとめ

いかがでしたでしょうか?ロケットが常に進行方向を向くことができましたね。また、ハンドル操作も一緒に学べたと思うので、より一層AfterEffectsが楽しくなってきましたね!!

自動方向は飛行機や乗り物など様々な場面で使えますので、ぜひ何回も復習してマスターてください!

お疲れ様でした!

動画で復習しましょう!

関連記事一覧

この記事では、2021年8月の最新バーションのAdobe製品を使用しております。追加の情報などは、別の記事で解説いたします。 今回はAfter Effectsを使って、花が咲くモーションを作成したいと思います。広告動画などのワンアクセントにオススメのモーションです。 イラストが動くアニメーションは、図形と比べて難しい印象があるとは思いますが、After Effects標準搭載の基本的な機能を使用し...

今回は、After Effectsの基本的な機能を使用して、キャラクターのバウンドモーションを制作していきます。 今回の操作を応用させることによって、様々なアニメーションを制作することができますので、ぜひ覚えてくださいね。 今回は、After Effectsを使用しています。これは、Premiere Proとの操作や設定の仕方を比較してもらおうと考えたからです。以前、落下のモーション制作については...

この記事では、2021年8月の最新バーションのAdobe製品を使用しております。追加の情報などは、別の記事で解説いたします。 今回はAfter Effectsを使用して、簡単に制作できるモーショングラフィックスを制作していきたいと思います。 テキストアニメーションのアクセントとして使用することもできますし、モーショングラフィックスの基礎を学べますので、ぜひ最後までよろしくお願いいたします。 今回制...

今回は、上の動画のような波形ワープを使って、ロケットの後ろにゆらめくモーションを作成する方法を解説します。 初心者の方でも簡単に出来る内容となっています。また、応用を効かせることによって、車の排ガスのゆらめきや、オブジェクトが移動する時の軌跡、トランジションなど、様々な場面で使用できます。 波形ワープを使うことによって制作の幅がグッと広がりますので、一緒にマスターしていきましょう!! 1.アニメー...

今回は、上の動画のような手書き風の文字が小刻みに揺れるモーションを作成していきます。可愛い感じのモーションが作れますので、可愛いアニメーション制作を作りたい方や英語を揺らしてカリフォルニアっぽいミュージックビデオを作りたい方は、是非こちらのチュートリアルをチャレンジしましょう!! テキストからシェイプレイヤーを作成する方法なども一緒に覚えられますので楽しくやっていきましょう! 1.アニメーションの...

今回は、上の動画のようなUFOが動くモーションをシェイプツールを使って表現していきます。シェイプツールは複雑な動きを付ける上で欠かせません! アニメーション制作やモーショングラフィックス作成時にも何かと必要となってくると思います。 また、アニメーション制作をこれから始めたい方や、AfterEffectsをもっと使いたい方にも学びやすいチュートリアルとなっておりますので、是非一緒にチャレンジして行き...

今回は、上の動画のような地球の周りを月が回るアニメーションをAfter Effectsで作成します。 応用を効かせることによって、様々な場面で活用できますので是非マスターしていきましょう! 1.アニメーションの準備 まずはアニメーションの準備をします。 プロジェクトファイルに素材を準備します。今回は「イラストAC」の素材を利用しています。 検索・ダウンロード制限がございますが、無料でダウンロードで...

この記事では、2021年8月の最新バーションのAdobe製品を使用しております。追加の情報などは、別の記事で解説いたします。 今回はAfter Effectsで「After Effectsというテキスト」にアニメーションを付けます。 Premiere Proのエフェクトだけでは難しいこともAfter Effectsを使用することで、とても簡単に制作できます。After Effects初心者の方にも...

この記事では、2021年8月の最新バーションのAdobe製品を使用しております。追加の情報などは、別の記事で解説いたします。 今回はAfter Effectsに標準搭載されている、「ペンツール」とモーションを使用して複雑に見える、かっこいいモーションを簡単に作っていきたいと思います。 After Effectsにはプラグインなどを導入することもできますが、基本的な機能やエフェクトだけでも、目をみは...