【Premiere Pro】で画像を動かす:水飛沫が上がるアニメーション

アイキャッチ

この記事では、2021年8月の最新バーションのAdobe製品を使用しております。追加の情報などは、別の記事で解説いたします。

今回はPremiere Proで、キャラクターが水の上に落ちて水しぶきが上がる様子を表現します。

「水」の表現と聞くと難しく感じるかもしれませんが、今回はイラスト一枚を動かして簡単に表現する方法をご紹介いたします。

動画編集を行っていく上で、必要になっていくであろう作業もありますので、ぜひ最後までよろしくお願いいたします。

1.素材のレイヤーの用意

まずはレイヤーの準備を行いましょう。今回使用する素材のレイヤーの中身は下の様になっています。

blank

背景

blank

水たまり

blank

水しぶきのイラスト

blank

キャラクター

この4枚のレイヤーを使用します。主にモーションなどの設定をするのは、「水しぶきのイラスト」と「キャラクター」です。

2.キャラクターの設定

まずは、キャラクターが水の中に落ちていく様子のモーションを制作します。キャラクターのクリップをクリックして、モーションの左側の時計マークをクリックして、キーフレームを打つ準備をします。

位置にキーフレームを打ち、始めは枠外に、時間経過とともに枠下に動かすようにします。

 blank

キャラクターが落下しているようになりました。レイヤーは水しぶきの上ですので、不自然ですが、編集の際にはキャラクターを前面におき、見やすくしておきましょう。

落下の表現ですので、ベジェ曲線を使用して、徐々に加速するようにハンドルを操作します。

blank

あまり急加速をすると逆に不自然になりますし、キャラクターが落ちていることをしっかり伝えるために、今回はできるだけゆっくりと落下するように設定を行いました。

最後に、上から順番に「水しぶき」「水面」「キャラクター」とレイヤーを配置すれば、キャラクターのモーション設定は終了です。

3.水しぶきの表現(モーション設定)

次に水しぶきにモーションを設定していきます。先程は、キャラクターの背面に配置されていましたが、全面にタイムラインパネルで並びかえをして変更を行います。

まず、アンカーポイントを設定します。アンカーポイントを水しぶきの下中央に合わせます。

blank

このように設定することによって、発生源から変化するように設定しています。位置がずれてしまうので、元の位置に戻るように設定をしましょう。

blank

最初に、キャラクターのクリップを選択して、着水するタイムを探します。

blank

水しぶきはキャラクターが水の中に着水してから起きるものです。ですので、キャラクターのモーションから、着水するタイムを探しています。今回はタイム:0.26秒から水しぶきのモーションを作成することにしました。

その点にカーソルを置いた状態で、水しぶきのクリップを選択します。

スケールの高さを設定する

スケールの「縦横比を固定」のチェックを外します。まずはスケールの高さを設定していきましょう。

キャラクターが着水する時間:0.26秒の点でスケール(高さ):0にします。

blank

水しぶきのイラストが消えました。5フレーム後にスケール(高さ):120にします。これで再生してみましょう。

blank

キャラクターが着水した瞬間に水しぶきが上がっているようになりました。少しタイムが短かったので長くするように設定しました。

次に、スケール(高さ):120の3フレーム後にスケール(高さ):130と入力します。水しぶきが時間経過でもう少し高くなるように設定をしています。このようにキーフレームを段階的に設定することによって、まず編集のしやすさが上がります。この点では120、この点では130ということが視覚的に瞬時にわかるので、再生をしなくても、モーションの動きがある程度想像できますね。

最後、スケール(高さ):130の点から5フレーム後にスケール(高さ):0を設定して完了です。確認してみましょう。

blank

水しぶきが上がって、消えていく様子が表現できました。

スケールの幅を設定する

次にスケールの幅の設定を行います。

先程の高さで設定した点を基準に数値を決定していきます。このように、スケールを独立させることで、感覚的にわかりやすく編集を行うことができます。

まず、一番はじめのスケール(高さ):0の点でスケール(幅):0とします。幅を0にしていなくても、水しぶきは消えている状態ですが、ここで0と設定をしておかないと「高さ」「幅」の変化の仕方が違ったものになります。下の画像がわかりやすいと思います。

blank blank

そして、スケール(高さ):120の点でスケール(幅):110とします。最後の点で高さと同じように0と打って完了です。確認してみましょう。

blank

先程よりも、いきいきとした表現になったかと思います。スケールの設定はこれで完了です。

4.水しぶきの表現(不透明度で設定)

今回は水の表現ですので、不透明度でモーション終了時の動きを設定しても面白いと感じましたので、実践してみます。

スケール(高さ):130で、不透明度:100%としてキーフレームを打ちます。そして、6フレーム後に不透明度:0を打ちました。確認してみます。

blank

スケールの表現もしっくり来ましたが、不透明度の設定でも良い気がしますね。

もともとはスケールのみで表現しようと思いましたが、遊び心を加えて別の表現も行えるようにすると今後の自分のためになると思います。

『水飛沫が上がるアニメーション』まとめ

今回は、モーションを2種類の設定で作成しました。

このように、表現には様々な表現があります。1つのモーションを作成する際に、何種類もの表現方法を知っておくと、こういった時たくさんのアイデアを出すことができます。

1つの表現に凝り固まらず、たくさんの映像作品からアイデアをもらって引き出しを多くしていきましょう。

動画で復習しましょう!

関連記事一覧

この記事では、2021年8月の最新バーションのAdobe製品を使用しております。追加の情報などは、別の記事で解説いたします。 今回は、2つ以上のオブジェクトが画面内にある時に使用される、吹き出しの出現アニメーションを制作していきます。 キャラクターふきだしは汎用性が高いアニメーションの方法ですので、ぜひ覚えてください。 Youtubeやインスタグラム、twitterなどのSNSで流れる広告などにも...

この記事では、2021年8月の最新バーションのAdobe製品を使用しております。追加の情報などは、別の記事で解説いたします。 今回は、Premiere Proを使用した迫力のあるシーンの表現の仕方を解説いたします。 広告などで目にするアニメーションなどを簡単に作成する基礎知識がたくさん詰まっています。また、Premiere Proの機能の基本的な使い方も覚えられるので、ぜひ最後までお付き合いいただ...

この記事では、2021年8月の最新バーションのAdobe製品を使用しております。追加の情報などは、別の記事で解説いたします。 今回は以前紹介した、Premiere Proでボールが弾むアニメーションを作成!を応用させます。 見ていて、楽しくなるようなコミカルなモーションにしていきます。 たくさんの数値が出てきますが、順を追って編集をしていけば、誰でも作れますので、一緒に頑張りましょう。 1.今回の...

この記事では、2021年8月の最新バーションのAdobe製品を使用しております。追加の情報などは、別の記事で解説いたします。 今回はレガシータイトルスタイルを使わずにテロップを入力する方法を解説いたします。Youtubeの動画でよく使用されているテロップもこの作り方をされている方が多いです。 現在人気のレガシータイトルスタイルは、ちょっとしたテキストを表示させるときなどに使える便利な機能です。しか...

この記事では、2021年8月の最新バーションのAdobe製品を使用しております。追加の情報などは、別の記事で解説いたします。 今回はPremiere Proを使って簡単に口パクを作る方法をご説明いたします。 口パクがあると、ないとではクオリティに差が出てしまいます。簡単な方法なのでキャラクターにセリフを喋らせたい時には使ってみてください。必要なポイントを抑えることによってよりリアリティのある表現を...

この記事では、2021年8月の最新バーションのAdobe製品を使用しております。追加の情報などは、別の記事で解説いたします。 今回はPremiere Proを使ってキャラクターの手からものが落ちるアニメーションのチュートリアルです。 今回使用する方法は、キャラクターモーションの基本的な方法ですので、今回の内容を抑えておきましょう。 1.レイヤーの詳細 今回は、4つのレイヤーを使用します。背景、キャ...